@聴いた♪ @調布国際音楽祭【11】佐藤俊介&スーアン・チャイ オンラインリサイタル

概要

日時:2020年6月17日(水) 20:00~
場所:オンライン(佐藤さんのオランダ自宅から)
演奏:佐藤俊介(Vn)、スーアン・チャイ(Pf)
曲目:
 ・フェルディナント・リース:ヴァイオリン・ソナタ ト短調 Op. 38 No. 3
 ・ ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ第5番 ヘ長調 Op. 24

視聴記

もう~(*^0^*) なんという、ほのぼのした動画なんでしょう♪
それもそのはず、演奏者2名はご夫婦なんですね。
いえ、知らなかったんですけれども・・・ なんかもう、画面越しに仲の良さが見てとれて、ぐぐってみたらご夫婦とわかり、なるほど~♪と納得。

ご自宅からのオンラインってことですが、ご自宅に、今回演奏に使われたフォルテピアノを始め3台のピアノがありました♪ 

 演奏に使われた、ローゼンベルガーのフォルテピアノ(1820年製)
  6本ペダルがあって、シンバルとかファゴットの音が出るものも。
 他の2台は、エラールとスタインウェイ。

とても、「ヴァイオリニスト」のご自宅じゃこうはなりませんよねw 「ピアニスト」のご自宅でもあるから、こうなんでしょう♪

1曲目のリースと作曲家は、ベートーヴェンの弟子なんだそうです。
2曲目のベートーヴェンは、今回の趣旨からの選曲でしょう。

演奏はもう、素晴らしいのひとこと。ご夫婦だけあって、呼吸ばっちりだし、
スーアンさんのピアノが背筋ゾクゾクくるほどスカッとしていて、実に好みの演奏です。
フォルテピアノという楽器については、モダンピアノに較べると変化に乏しいのかな?という先入観があったのですが、スーアンさんの演奏でそんな先入観はふっとびました。「演奏者次第」ってことですよ・・・。

ヴァイオリンはその素晴らしいピアノの上に乗っかって、ひとつの極彩色の音楽を描き出されてました♪

ほんと、調布音楽祭、毎日素晴らしすぎるんですが・・・。