弾いてきた♪ PTNAグランミューズサロン

概要

日時:2020年1月26日(日)13:30~18:00
場所:銀座グランブルー
   (お店公式HP:http://www.ginzabrasserie.com/
主催:PTNA
参加者:ピアニスト 木米真理恵さん
    アマチュア愛好者 16名(15組)

PTNA主催の新イベントです。その記念すべき第1回です。

PTNA主催のアマチュア向け(というか、アマチュアでも参加できる余地のある)イベントは、コンペティション(コンクール)、ステップ(講評付きの参加型発表会)があります。
実際のところ、コンペは参加する人はもう決まっている感じだし、ステップは弾いたらその場で解散だし・・・で、アマチュア同士が交流できる場(サロン)の試みということで始まったイベント。(←私の理解です)

 ※グランミューズサロン の公式ページはこちら(PTNAサイト)
  http://www.piano.or.jp/info/grandmusesalon.html

参加記

二部構成です。
最初に、ピアニスト木米真理恵さんのワンポイントアドバイス付きの弾き合い会があって、終了後にその場で懇親会(希望者)です。

講評付き弾き合い会

えっと・・・ステップだったら、3週間くらい前に、プログラムが公開されるではないですか。もっともその時点で曲変更なんてできないのだけれど、事前に自分の演奏順と、同じにどんな人がいて、どんな曲が演奏されるのかがわかるという安心感があります。

ところが、このイベントは初回ということもあってか、おそらくコンセプトもゆるく決まっているだけで運営がきっちり決まっていないという部分があったのだと思います。

当日、会場に行って受付をすませてはじめて、参加者名と演奏曲名が書かれたプログラムが渡されます。

ただし、演奏順は決まってなかったので(^0^;; 参加者の中で突出した事務処理能力を発揮なさる方がその場で「あみだ」を作って、順を決めてくれました。

その演奏順に3名ずつ演奏し、真理恵さんから3人の演奏についてワンポイントアドバイスをいただくという進行です。
3日前に送られてきたメールに、楽譜コピーを持参すれば楽譜への書き込みもしてもらえるということだったので、ほぼ全員、楽譜も提出してました。
アドバイスをもらって、その楽譜を受け取って・・・。

普通のステップだと3名の方から講評もらえますけれど、ここはピアニスト1名だから、直接コメントと楽譜書き込みという二段構えのサービス!

みなさんの演奏曲はこちら。王道ピアノ曲が多いですが、ポピュラーのはじめて聴く曲もあり、バラエティに富んだ弾き合い会でした。

  • ギロック/秋のスケッチ
    シューマン/トロイメライ
    Richard Rogers/ You Are Too Beautiful
    清塚信也/恋心
  • ショパン/舟歌
  • ショパン/幻想即興曲
  • モシュコフスキ/スペイン舞曲集より
  • ショパン/ノクターン op.9-1
  • ベートーヴェン/ピアノソナタ第11番 第4楽章(←私😁)
  • シューマン/アラベスク Op.18
  • バッハ/半音階幻想曲とフーガ
  • シベリウス/ロマンス Op.24-9
    シベリウス/ロマンティックな情景
    浜啓介/舟歌
  • メシアン/喜びの精霊のまなざし
    武満徹/雨の樹素描II
  • ベートーヴェン/ピアノソナタ第12番 第1楽章
  • ショパン/ノクターン第13番
  • ショパン/バラード第3番
  • 池辺晉一郎/昼さがりの雲は 子守歌を歌う
    松本敏明/Moonshine~月あかり~
  • ブラームス Op.117-1,2 

(場面転換中)

会場を弾き合い会モードのテーブル配置から、懇親会モードのテーブル配置へ変換中に、真理恵さんが1曲披露してくださいました。
曲は、ショパンの舟歌。
ピアニストの演奏を、この至近距離で見る機会って、そうそうないですから、参加者たちはわらわらとピアノの周囲に集まり、ピアニストの手元をガン見するのでした。

その時の様子が、PTNAの会員誌の表紙に掲載されて・・・
なんと私も端っこにちょこっと映ってます(笑)

懇親会

イタリアンの軽食(といっても、結構ボリューミー! イタリアンですからねw)をいただきながら、参加者とのトークを楽しむ。