弾いてきた♪ 自主企画の弾き合い会

ちょっぴり早いですが、年内最後の自主企画

今年の6月頃から、自主企画の練習会・弾き合い会などを10回ほど(笑)開催してきましたが、今回は年内最後の自主開催。12月~1月は、通教卒業に向けたオーラス時期でありまして、何はなくとも通教最優先にせざるをえなく・・・スケジュールだけは空いていたとしても、自分自身の練習がおぼつかないし、会場確保とかに動く(空きを確認して予約して、というあたり。意外に、空きを調べるのとか時間とられる・・・けど、好きなのでw 際限なく時間を溶かしてしまいそう)のを自粛しようと。

ということで、年内最終回です。(次回は年明け)

会場は都下の公共ホールに併設の練習室

練習室とはいっても、結構広く、天井も高い空間。それを4名で使う贅沢。なのに、公共施設なのでお財布に優しいという。

とはいえ、都心なら予約もなかなか取るのが難しいのですが、都下、しかも駅から距離があると、結構空きはあるものです。

「10名で体操できる空間」で、非日常の楽器。
自宅の狭い防音室で弾くのとは違う「そこそこサイズのあるピアノ」でのびのび弾けること。

その条件を満たしている会場でした。

ひとり約30分のミニ・リサイタルみたいな♪

詳細な演奏曲は割愛しますが、the・ピアノ曲という鉄板有名曲、ベートーヴェンのソナタ、シューマンの幻想曲(全楽章)とか、もう聴くのも楽しすぎる♪

私は現在持ちネタがほとんどない状況(←え?)なので、平均律2つとショパンのノクターン1曲。もちろん30分にははるかに届かず、20分(苦笑)

年明けて再開するときには、まずは自分の持ちネタを増やさねば・・・と思った次第。(がんばろ♪)

その前に、ど年末にひとり22分の弾き納め会があるもので、そこに持っていけるネタを整理しなきゃなぁ。(これは自分主催ではなく、わたしは一参加者です♪)

これまで弾いてきた曲の楽譜には、その曲を弾き納めする段階でその時点での演奏時間を書き込んでありますが、こういう記録は有用ですね。

Piascoreのセットリスト機能で、演奏時間ごとのリスト作っておけば「あと2分、どうしよう?」ってときに、その時間別セトリから曲を選べばいいだけだから。まぁ、こういった楽譜の整理もおいおいしていこう。

・・・と、今後に向けての自分自身の課題も意識するきっかけに。