弾いてきた♪ オープン参加の弾き合い会

一番なじみのある弾き合い会

ピアノ再開後、いくつかのサークル、弾き合い会などに参加させていただいていますが、今日の会がたぶん回数的にいちばん多く参加してきたかも? 全国に幹事がいらっしゃて、それぞれの地域で開催されていて、完全にオープンな会です。演奏者、聴衆相互にリスペクトしあうという精神のもと、レベル、仕上がり具合も問われないというハードルの低さが嬉しいです。(ちょうど、一ヶ月チャンレジをやっているので、それを出すには一番気が楽です(^0^;;)

とはいえ、この会もコロナ禍で中断して、慎重に様子見ながら少しずつ復活してきはじめたところで、「待ってました~♪」感がたっぷりで、しかも今回は「東京」ながらも、たぶん、この会始まって以来の?多摩地区での開催ということで、これもすごく嬉しい。

コロナ禍ですっかり都心に出向くことがおおごとになってしまっていますからね。

みんな等しく年齢を重ねる

しかし・・・ですよ・・・この会に最初に参加したときは、ぎりぎりまだ在職中で、都心に出向くのも日常だし、なんせ7年前で、今よりずっと若かった。それから7年、私も周囲も確実に年齢を重ねているのです。

気が付けば、年金受給者になるのはもうほんの数年先なのです。年金生活になったら、今までみたいに「10分2000円です」な会にはなかなか参加しにくくなる。ましてや都心となると、往復の交通費もかかってしまう。10分弾くために、交通費込み3000円かけて、時間もかけて・・・というのは、さすがにコスパ的に考え込んでしまうのだ(苦笑)小市民ですからね。

主催者の方と「そのうち、退職者の会とか、年金受給者の会とかになっちゃうね~」とか話してしまったけど、いや、笑いごとじゃなくて、ほんとそうなんだよね。

年に数回、演奏会形式の「本番」、コンクールなどにはお金も時間もかけるけど、弾き合い会とか練習会とかは、コスパよくいきたいな♪

さて、弾き合い会

私は、今月の生煮え曲(ショパン、ノク4)を弾いてきました。所詮、生煮え曲なので、まぁ、いろいろ思うところはありますが、いったんここらで弾き納め。譜読みストック倉庫にしまっておきます。

今日の会は、演奏前にトークを入れるスタイルなので、こういう話をしました。

私はあまりショパンを弾いてなかったので、ショパコンとか聴いてても、ちょっと遠い感じがあったので、次回ショパコンまでにはショパコンの課題曲をひととおり手にあててみようかと。そうすれば、次回ショパコンは今まで以上に楽しめるかな?と思っています。

もちろん、コンテスタントのようには弾けないのは当然ですが、生煮えだろうと何だろうと、一度手に当ててみた曲って、やはりこれまでより「深く」聴けるような気がします。

ということで、ショパコン課題曲セットを手にあててみるために、どんどん次にいきますよ♪

とまぁ、私はひとりショパコン課題曲セットという裏シバリを入れているのですが、他にもベトソナ全曲チャレンジ中の方とか、ショパンしか弾きません!という方とか、いろんなこだわりがあって応援したくなる。

次は懇親会まで参加しよっと♪

今回、懇親会を企画されていたのですが、迷った末、今回は不参加に。

うちの家族は全員、ワクチン3回目を3月に接種済み。そこから9月末で6か月経過していて、効果が薄くなっているのですね。私とムスメは4回目はどうしようか考え中ですが、いろいろ高リスクな旦那氏は来月末に4回目接種予定です。それが終わるまではちょっと自粛かな、と。

私自身も、11月~1月が通教のオーラス局面なので、やはり慎重になっております。

次回、また多摩地区で開催されて参加できたら、その時は懇親会まで参加したいな。

帰り、会場最寄りの駅構内で、ハロウィンコスプレ集団に遭遇。そういえば、そんな時期ですね。
月曜日はおとなしく家で譜読みしますかね。