安近短ピアノ会、10回開催しました♪

2日連続で記事書くなんて・・・つまり、今日も「暇」なのです(←練習しろw)
(本当なら、今日まで旅行行ってる予定だったから・・・orz)

なので、安近短会のこれまでと、今後について、ちょこっと書いてみました。

早くも10回ほど実施しました

6月から月に数回、8月はコロナ感染拡大でさすがにビビッて中止(←中止決めたあと、私が転倒して左手やらかしてしまったのも何かの偶然?ちょうどよかったかも)、9月からぼちぼち再開・・・ということで、早くも10回開催しました。

ここまでお付き合いくださった方、ありがとうございます。(感謝♪)

平日開催というのもあり、人が集まるのかどうか不安でしかなかったのです。それでも、最小催行人数3人という超低空飛行のボーダーを決めて、さらに、お仕事の都合などでの延着などにも割と柔軟に、ゆるくゆるーくやってみました。

「応募の秘密を守る」ことについて

参加者募集については、Facebookの「グループ」機能を使っています。ここに、募集期間を設定して、参加希望の方には募集期間中に参加リクエストをいただくようにし、募集期間終了後に一斉に参加承認をするという形態に落ち着きました。

なぜか?

「応募の秘密を守る」ためです。

参加すること自体、お仕事を休まれての参加の方もいらっしゃったりすると、それが職場にバレると面倒になったりするケースもあるのかな?と懸念してるというのが第一にあります。それだけでなく、まぁ、いろんなところにいろんな人間関係ありますからね。

あと、「参加者の顔ぶれを見て検討する」を回避したいというのもあります。実はこっちのほうが大きな理由かもしれないです。

「なんだか、上級者ばかりで・・・場違いかな?」とか「あの人が参加するから、曲かぶりになっちゃうから・・・」とか、はたまた「エロオヤジがいて困る」とか・・・。私自身がこれまでに参加してきたイベントで、何度も見かけた光景です。そういう理由で参加を見送られるケースもいくつか見てきてるかな。

でもって、私自身がそういうのに、とてもとても「?」を持ってしまっているのです。

だったら、「フタを開けてみるまで、参加者が誰かわからない」システムw

はい、上級者ばかり・・・なことは絶対ありません。主催者のわたしがへっぽこですんでw
はい、曲かぶり?・・・まぁ、偶然ですわね、オホホホホ♪
はい、エロオヤジ?・・・いません。FaceebookなのでHNだけの正体不明さんはいません。

なので、誰もが遠慮せず、今弾いている曲を、広い会場で、思いっきり弾いてもらえるはず♪

こういうやり方がいいのかどうなのか、試行錯誤中ではありますが、今のところ、キャンセル率0%というのは非常に嬉しいことでして。特に問題がなければ、この「期間終了後、一斉承認」方式は続けたいと思います。

とはいえ、今後は、キャンセルについても考えていかなきゃなぁ・・・というのは、頭の隅にはあります。

今後の試み

今までの反省もないわけではなくて・・・実は、思いっきり反省しているのが、「参加者2名以下なら流会」としていたことで。せっかく手をあげていただいたのに、申し訳ない限りです。もっとも、最初からそう明示してはあったので、その通りにしただけなのですが・・・。

ということで、10月は、「流会」のないように、何とか実施したいなぁと考えていまして。

土曜日開催

平日限定で実施してみましたが、10月はたまたま土曜日にいつもの激安会場が予約できました。
なので、いつもの安近短会の方に(期間を決めて)先行募集してみて、余裕があれば(←きっとありすぎると思うw)Facebookのタイムラインでも「ゆるゆる募」してみるかな?と。

そこで新しいメンバーさんが増えるといいなぁ。

ホール練習会

あと、これは新しい試みで、某ホールを借りてみました。

これはどうしても人数を確保したかったのと、いつもの会場とはちょっと違う要素があるので、早めに募集かけました。(満員御礼!)

舞台面しか使えないという制約がついている練習用の割安な形態なのですが、こういうイベントも何回か経験してみたら、次は本格的にホールを借りて、ホール弾き合い会(非公開のリハーサル会)もやってみたいなぁ♪と。みなさんの本番(教室発表会、サークル発表会、コンクールなどなど)に向けて、ドレスアップして弾き合い会できるといいなぁ~と。

100回記念は発表会したいな♪

月数回ペースで開催していくと、まぁ2~3年後には、100回に到達しそう。その100回記念の発表会を目標に、一歩ずつ地道に続けていきたいです。

いや、続けるために、参加者の方に飽きられないように、常に、新しい会場探しに邁進します(←そこ?)

今後ともよろしくお願い申し上げます。