弾いてきた♪ お久しぶりの弾き合い会

地元ピアノ会の弾き合い会

先日、参加してきました。(そのあと時間が経っちゃってるのは、例によってもろもろ詰んでるからでw)

弾き合い会・・・たぶん12月の最初の頃に参加したのが最後だから、約1ヶ月半ぶりの弾き合い会。年末年始をはさんでいるから、そんなもんかなとは思うけれども、その間にコンクール参加したりで「本番」はあっても弾き合い会は久々という感じです。

偶然かも?ですが、最近、割とここの会場を使って演奏会をされる方が多いのか、年末頃にはSNSのTL上に演奏会告知やら、弾き合い会レポートやらいろいろ上がってました。なかなかレアな楽器のある会場です。

前に(たぶん別の会だったと思うw)同じ会場に来た時は、春だったか、初夏だったか・・・で、気候の良い季節だったのです。だから、今回の幹事さんから「防寒対策はしっかりと」というお知らせがあっても、ふーん?という感じでしたが・・・

ほんっとに、寒いっ!

もちろん、暖房は入ってるし、途中で強めてもらってもいるのですが、古民家を改装して作られたホールなので気密性は現代のコンクリート建築とはえらい違いです・・・さらに、時節柄、換気が大事なわけで常時換気扇運転、また引き戸2枚の向こうにあるトイレの窓が常時開放されている・・・orz

でも、換気だいじですね。

到着したときは、参加者のみなさん、コートを脱いで普通に着席。

しかし、どんどん冷える、冷える、冷える・・・

で、気が付けば、みんなコート、マフラー、手袋というフル装備で・・・それでも冷える冷える・・・。ひたすら寒さに耐えつつ、演奏に耳を傾ける時間でした。

ベートーヴェン弾きました

で、この会場にあるピアノっていうのがレアもののベーゼンドルファーなんですね。前回ここに来たときは、ドビュッシーか何かを弾いて「あぁ、このピアノではフランスものより、がっつりベートーヴェン弾きたいかも?」と思ったのを覚えていて。

ということで、今回は持ち時間が18分(出入り込み)ということだったので、

スクリャービン プレリュード Op.13-3  (1分)
ベートーヴェン ピアノソナタ第16番 Op.31-1 第2楽章(12分!長い!)
J.S.バッハ 平均律2-14 フーガ (4分)


ということで、椅子直しやら曲間やらも含めてちょうど18分かなぁ? と。

ちなみに、ここの椅子(1脚しかない?)はクルクル回して高さ調整するタイプで、椅子低めの私は一番下まで下げても「高いっ!」と思ってしまった。これは・・・あれだ・・・パイプ椅子だけはたくさんあったので、次回もしまたここで弾く機会があったら、北村朋幹くんの真似してパイプ椅子2段重ねくらいがいいのかも。今回は持ち時間ピッタリの曲持っていったから、ここで椅子交換する余裕はなくて残念。

で、弾き始めましたよ。

ま、最初は普通に・・・しかし、鍵盤も冷え冷え~(泣)、さらに、ホール内の空気も冷え冷え~(泣)、時間とともにどんどん指が硬直していき動かなくなるの(涙)

最後に弾いた平均律なんて、なんだかんだ1年以上弾いているので、まぁ慣れている曲なわけですけれども・・・それが、もはや「ええっと、私、今、なに弾いてるんですか?」な状態に笑うしかなく・・・

結果1分余った・・・どんだけ爆走したんだ?このプログラムで?

いよいよ大詰め、あと4週間

まぁ、寒くてナニではありましたが、4週間後の本番べとべん祭りに向けて、ここから毎週プチ本番を入れています。毎週末ごとに、順に、11番、16番、22番 を全楽章弾くイベントを入れています。

ところが、ここにきて、コロナご新規様ラッシュで・・・orz

16番を弾くイベントは、まぁ会場が民間ホールだし、22番を弾くイベントはビジネス的なやつだし、たぶん開催されると思う。

しかし・・・11番を弾くイベントは、公共ホールで、しかも県境を越える越境案件。今後の動きを注視せねばなりません。

いやいや、そもそも、4週間後の本番そのものが公共ホールでの開催だから、一抹の不安が。主催者さまは「会場が閉鎖、時間短縮要請がこない限り実施」と言ってくださってるけれども。