新型コロナ 第6波?

年始から急に

東京都の「ご新規様」ですけれども・・・年明け以降、急上昇していますよね。

1/5(水)  390人
1/6(木)  641人
1/7(金)  922人
1/8(土) 1,224人

以前は「木曜日が週のうちでのピーク」とかいう法則がありましたけれど、こうやってみると、その「木曜日ルール」は見当たらなくて、それどころか、毎日300人増えていってるという。

これ、推測でしかないのですが、「感染者」と確定してカウントされるまでの事務処理工程ってあると思うのですが、その体制って、10月~12月の状況からして、かなり縮小されていると思うのです。いくらなんでも8月のあの頃の体制を維持しているはずがない。

そこへ年明けからいきなり「相談件数」(←つまり、入り口ですよね)が増えて、慌てて、その事務工程の要員体制を再構築中なんじゃないかと推測するわけです。

そうすると、人員増加の分だけ処理件数が増えて、こういうキレイな増え方(というのかな?)になると思うのですよ。

実際には、その「相談件数」からして、「受け付けが完了した数」でしょうし、そこからして「処理待ち件数」はあるはずで(それは「相談件数」にも入ってないはず)・・・実態として、どういう状況なのか、公表される数字だけ見ていてもわからないということになります。

とはいえ、各所で対応人員は再構築されているでしょうから、週明けの数字がどうなっていくのかを見届ける必要がありそうです。

「木曜日ルール」が復活(するのか?)したところで、ひとまず「事務方の体制が整った」とみてもいいんじゃないかな?という気がします。それまでは、いつも以上に注意して行動するしかありません。

気になるのは都内公共施設の動向

早々に、都庁展望室の閉鎖(1/11~)が決まりました。
ひょっとすると、閉鎖したあとで、前倒しになる?3回目のワクチン接種の会場になるからかもしれません。(8月の時は、ワクチン接種会場として使われていましたから・・・) 

そうなると、今後の動向が気になるのが都内公共施設の開館状況です。
去年の事例では、春先の第4波の時は完全閉館した施設もありました。私も参加予定していたイベントの会場が閉鎖となり、イベントが中止になったというのに直面していますから・・・記憶に新しい。
しかし、8月の第5波の時には、「20時以降の自粛要請」で済んだところも多いというのはあります。

さて、この第6波はどうなるんでしょう? ただ、以前と明らかに違うのは、地方でもご新規様激増していて、その影響が地方側から生じるのではないかな?ということもあります。人流が規制されることによる影響というものです。

イベントって、ハコさえあれば実現できるものではなくて、かならずヒトが絡んできます。

県境を超える移動が自粛要請されたら・・・、これはかなりアイタタタ・・・なわけです。

今後のイベント見通し

正直、100%開催されるとは誰にも言えない状況になりつつあるように感じています。

「20時以降自粛要請」が出されれば、大きく影響が出ますし、そこに主催者判断が加わります。

主催者判断(GO/NoGO)は尊重しますし、異議をとなえるつもりはありません。むしろ、このコロナ禍の中でイベントを企画し、準備してくださることには感謝しかありません。

とはいえ、そこをゴールとして目指して準備してきた時間と、レッスン費用とか、これまで自分のリソースを捻出して準備しているというのもあります。

2年前に、最初にこういう状況に陥って以降、私は個人的にそのイベントと近接する日程で別のイベント(アマチュア主催ではなく、より実施確度の高いビジネス主体のイベント)を設定するようにしています。仮にアマチュア主催のイベントが、ホールや主催者判断で消滅しても、代理イベントがあれば、とりあえず、時間とお金をかけて準備した曲たちを成仏させることはできますから。

ということで、来月(暦上は・・・私的にはまだ2021年12月が続いていますけれどw)の本番イベントの前に、今月末から来月頭に、予備イベントを入れています。ひとつはアマチュア主催イベントだけれど、これまでコロナ禍中でも、完璧すぎる運営により実施されてきた主催者さまだし、会場は民間ホールなので、実施確度は高いと思っています。

本番と考えているイベントは公共ホールが会場だし、「20時以降自粛要請」が出れば、イベントは消滅する可能性がありますが・・・事前に予備イベントを設定しているので、ショックの度合いは低くてすみそうです。

備えあれば憂いなし。