9月は練習の季節(6)

ということで、青天の霹靂的な通知から一夜明け、今後半年の本番&練習計画についてじっくり考えておりました。

鍵盤に触った時間ゼロ

いや・・・ほんと、目的とか目標とかがないまま、いたずらに鍵盤触っても何にもならないので、それよりはきちんと計画を練ろうということで。

9月→11月に延期になったイベントも、10月のイベントも、どちらも滅多に演奏できる会場じゃないだけに、むしろ、それだからこそ、メインの1曲をどっちにも弾く予定でいたし、10月中旬にそれを弾き終わるというのが2月のべとべん祭りにギリギリ間に合う(かも?)なタイミングだったので。

で、11月にこのままリストを弾くのか、あるいはべとべん(←他に手を出している余裕はまったくないし)を出すのか?・・・そこが分岐点です。

なので、この後、半年ほどの間に予定されている(まだ参加未確定なれど、ほぼ参加する見込みのイベントも含め)人前演奏の機会を書き出してみて、さらに、先月予選通過した某コンクールの本選の時期も併せて考えて。

追い詰められて、こういうことやってるんだけれども、計画立案、修正というのは楽しいな(え?) 

夜になって方向性がほぼ決まる

今回は、レッスンしていただいている先生にもご相談しました。本来、レッスン以外では基本的に日程調整等のどうしても必要な時以外はメールとかしないのですが、今回は、延期日程の11月では参加が難しくなる場合にキャンセル期限が設定されまして。それが、次回レッスンの前に期限が来てしまうので、やむなく。

せっかくのホールで弾ける機会だし、参加方向で考えることになり、あと曲については先生のご意見もいただきました。昼間、いろいろ考えていた案のうち、先生のご意見を参考に、最終的に自分なりにスケジュール案をまとめました。

これは次回レッスンの時に、先生にも内容を見てもらって、必要に応じて微調整入れて、最終的に決定かな。

早く決めたいので、レッスン待ち遠しいな♪