予定は未定、しばしば変更あり

すべてはオリンピックが・・・

今年の7月に、1枠30分で演奏できる機会があるはずでした。そう、「はずでした」ってことは、「中止」が決定されたのでした。

経緯をざっくり紹介します。(ざっくりと言いながら、結構長いかw)

去年の7月(だったかな?)に、今年の4~5月に開催される「1枠60分」のリサイタル企画が発表されましたが、そこに漏れた人達(←私はここw)のための?敗者復活戦的なイベントをまた別の方が主催されることになったのでした。2021年7月19日(祝)に都内公共ホール(←大人気のところ)で開催予定、1枠30分ということで60分とはまた違うけれども、それでもアマチュアにとってはこれだけの尺をいただける企画ってほとんどないので、ポチ♪ 首尾よく1枠30分を射止めたもので、今年のメインイベントのひとつとして考えていたのでした。

ところが・・・去年の11月にオリンピック特措法により、この7月19日というのが、祝日から普通の平日に変わってしまったのです。

で、12月になって、主催者から「休日が平日になったものの予定通り開催」という意向が示されたのでした。開催されるとはいえ、自分の趣味のために平日仕事の家族や友人に「仕事を休んで聴きに来てね」とは言いづらい。なので、イベント全体としては「コンサート」という方向で当初予定通り実施されるとしても、私自身は誰にも告知せず、それ以降の本番(夏~秋にかけて、いくつか大きな演奏会に参加予定です)のための試演会的な位置づけで考えることにしました。

今年3月になって、フライヤー記載用の名前と演奏曲の提出を主催者から求められました。締め切りは3月末とのことだったので、個人的にあれこれ大忙しの3月中の予定が全部終わるのが3/30なもので、締め切り当日に曲目を最終的に決めて提出しようと思っていた矢先・・・3/25に主催者さんから「中止」の連絡。

聖火リレーが開始されオリンピック開催が確実になったから。コロナの状況とオリンピック開催にともなう当日の会場周辺の事情などなどを考慮されてのこと。

・・・オリンピックめ! どこまで振り回すんだよ。 

ということで、私のピアノ計画が大きく変わる

もっとも、自分的には試演会のつもりで考えることにしていたイベントだけれど、30分のプログラムというのは一般へっぽこアマチュアには結構なボリュームなので、過去に弾いた曲を解凍したりも含め、いくつかのパターンを考えていたのでした。なので、逆に言えば30分のプログラムを準備する必要がなくなったということ。

ハードルがなくなった分、8月以降のイベント向けの曲をもうちょっと前倒しにできるともいえるかなぁ。

代わりに別のイベントを7月に入れてみようかとも思ってるけれど・・・商業ベースのコンクールなら、よほどのことがない限り実施されるだろうから・・・ここは去年のようにコンクールでも受けるか・・・(爆)

でも去年と違うのは、去年よりは計画的かもしれないということ。