弾いてきた♪ 演奏会(非公開)

概要

日時:2010年10月28日(水)
場所:都内公共ホール
内容:サークル発表会(非公開)
出演:アマチュアピアニスト20名(組)
曲目:
 バッハ、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、シューマン、ショパン、リスト、ドビュッシー
 など、バロック~近現代までまんべんなく。

 ※非公開演奏会なので、詳細は省略しておきます(ご容赦)

自分の演奏曲

J.S.バッハ フランス組曲第4番(抜粋)

まぁ、つい4日前に別の本番(preピアノde世界一周)で弾いたので、演奏時間枠に合わせて抜粋。
弾いたのは、アルマンド、クーラント、サラバンド、エール、ジグ (ガボット、メヌエットという超短い2曲を省略した)。
全曲弾いても、繰り返しを全部省略すれば演奏時間枠(10分)におさまるので、別に抜粋にする必要もなかった・・・というのは結果論。曲目提出時点ではまだ全部譜読みすらしてなかったのだから、やむなし。

日程の近い本番に、それぞれ別の曲を用意するほど器用ではないので、この判断そのものは悪くなかったと思うのですが・・・。
以前は欲張って、近い日程の演奏会でも別々の選曲をして、片方はよくてももう一方が大失敗とか、よくあったので、それよりはマシなことをするようになったとは思う。

4日前の本番は、「お国巡り」というテーマ縛りの中での選曲なので、別に何とも思わなかったけれども、今回のような一切の縛りナシの演奏会というものは、みなさん気合の一曲を持ってこられるわけで・・・プログラムをざっと見ただけでわかる一番地味な選曲。
こうなると、なかなかテンションも上がらなくなるもので・・・。やはり、演奏会にかける曲というのは選曲が非常に大事だな・・・と。自分自身のモチベーションにものすごく影響することがわかった。

感想

ということで、こういう日は自分の出番前後以外は、客席で聴衆として聴いている一日なのですが、それもまた楽しくて勉強になります。

客席最後列に陣取って聴く。

今回は、何度も弾いている会場なのだけれども、なるほど・・・とわかったことがある。

今回も素晴らしい演奏がずらっと並ぶのですが、中でも特に素敵だな~と思った演奏が1つあって、その方の演奏は、ホール全体を包み込んだ演奏をされていて、だからこそ聴衆も一体になって聴けるんだなぁ・・・と。

ステージ上で完結していない音楽、ホールの隅々まで広がる音楽。
こういうのを目指したいなぁ・・・と思った。

いろいろ考える

上に書いたとおり、演奏会向きとはいえない選曲をしちゃったものだから、自分自身があまりテンションあがらず、どうしたもんかな・・・と思ってたので、やはり次からは「映え」を考えた選曲にしたいな、と思う。

長丁場の演奏会だと、ステージ映えする曲が基本なんだろうなぁ・・・と思う。

そうすると、やはり、年間のステージ計画はとても大事で、「どこで何弾くか」を考えなきゃいけない。
映える曲を弾こうとすれば、それなりに練習期間も必要になるし、段階的に本番に出していくことにもなるし。
・・・ってねぇ、こんなの基本中の基本だろうよ?という感じですが、あまりに地味すぎた選曲はメンタルに相当悪いということも、今回骨身にしみたので・・・。

で、明日から何弾こうかなぁ。

実はレッスン曲も、このあとの曲はまだ明確に決まってないので、むしろ、今のうちに選曲祭りしておいて、次回レッスンの時までに自分の構想をきちんと説明できるようにしておこうかなぁ?

ということで、一夜明けた今日は選曲祭りやってました(爆)
新曲というよりは、過去曲の解凍(前に手を出して、中途半端に放ってあるやつとか・・・)中心でしたが。
明日からは次に向けての新曲も手に当ててみるかな。