【ホール情報】書く理由:演奏者のためのコンサートホール情報

書き始めた理由は、このブログのネタのない日の埋め草(笑)というのが現実的なところですが・・・このコロナの時代に、演奏者目線でのホール情報というのは意外と必要かもしれないな?と思っています。

新型コロナ

新宿の小劇場で集団感染発生のニュースは、先週から連日200名超(7/12-13は100名台ですが)の新規感染者が出ている状況に追い打ちをかけるショッキングな内容でした。

お芝居と音楽演奏会は性格が違うとはいえ、やはり舞台と客席という要素をもつ空間で、出演者と観客・聴衆という立場で時間を共有する場所・・・となれば、やはり考えさせられる事例です。

今後、ピアノ演奏会はどうなる?

私たちアマチュアも、サークルの演奏会(発表会形式)や、ジョイントコンサートをやることは珍しくなく、感染防止の観点からも会場選びが重要になります。

演奏会は客席に見えるステージでの演奏だけでは成立しません。
「舞台裏」が、少なくともファシリティ的にどうなのか、それが実際の演奏会当日にどう影響するのか、考える必要があります。
このホールを使う場合、どういう対策が可能で、それはその主催者側が想定している感染防止対策を行うのに十分なのか?

出演者として使ったことのあるホールの情報を記録として書いていましたが、今こういう状況になると、この情報が今後のコンサート主催者にお役にたてることは間違いないと思うようになりました。

記憶をたどりながら少しずつ書き留めていこうと思います。舞台裏だけじゃなく、実際にステージ上で演奏した感触(ホール、ピアノ)についても、一アマチュアの感想ですが、書いています。