非日常な日々

今月は超どろなわ月間につき

いや、ほんと・・・2~3日単位で「ToDo」なこととか、制約かかることとかがもりだくさんで、そこで後回しにしたものとかが次の泥縄案件になってくるとか・・・その繰り返しで、常に「詰んでる」状態の7月。それももう終わろうとしています。いや~、早かった、早かった。今月、ラストミッションは1つだけ。それを明日1日で何とかやり切ってしまうために、今日は都内に出かけるとか。

その帰り道・・・なんと、電事故に巻き込まれる(涙)

電事故といっても

その影響はいろいろで。

自分が乗車駅に着いた時点で(あるいはその前から)発生している場合、最初から迂回経路を選択できます。たいていはこのケースです。

厄介なのが、乗車後に電事故発生するケース。それでも、だいたい、最寄り駅までつけてくれるケースは多い。何度か、改札をいったん出て、のんびりお茶して、復旧したころに駅に戻って、ということをやったこともある。

ところが・・・今回は違った。

乗ってる電車が、某駅を発車するやいなや、いきなり緊急停止。いや~、その緊急停車っぷりはホントすごかった。車輪の摩擦?なのか焦げ臭いにおいまでしたもの。だけど、大きな衝撃はなかったので、「当該」ではないな、と直感。

とはいえ・・・前駅を出ちゃったもんだから、ここは「駅間」なのですよ。戻るってわけにもいかず。乗車駅で1本あとの電車のほうにしとけば、前駅のほうで待機だったに違いない。なんで、乗車駅でよりによって、急いでこっちに乗っちゃったんだろうな・・・などと思いながら、腹をくくる。

ほどなく、車内アナウンスが。

ひとつ先の駅で人身事故があったとか。

「運転再開見込みは(約1時間後)です」

・・・詰んだ。

コロナご新規様3000人超のこのご時世に、電車に缶詰1時間ですと。

1時間はつらいわ・・・

缶詰になった現場はちょうど、踏切のあるところで、踏切警報機がカンカンカンカンと鳴り続けているのだけれども。あるタイミングから音が止まった。なるほど、電鉄会社も配慮してるのねぇ。社内に缶詰の私らもだけど、現地付近に住まわれている方は(普段からその音には慣れてはいらっしゃるだろうけど)さすがに1時間連続で警報音聞かされるのもつらいでしょうし。

さて、1時間か・・・何してすごそう?

こういう時、私がまずするのは人間ウォッチングかもしれない。

まず、現地踏切には、結構、人が来るものだな、と。開かずの踏切化しているので、スマホで情報収集し、引き返していく人が多いわけですが。自転車の人はともかく、徒歩の人は迂回するにも、結構遠回りしなきゃいけないんじゃないのかな。

おお! この車両を撮影する人もいるのだな(笑) 残念だけど、この電車は「当該」じゃないだよ。

車内を見渡すと・・・立ってるみなさん、壁際にはりついて、体を壁にあずけてらっしゃる。私もだけど。私はドア脇の座席端の袖仕切り板に張り付いて。まぁ、そうなるわね。そして、みなさん、手元にスマホ。(私はミニタブレットだけどw)

30分くらい経った頃かな・・・

オジサンが「トイレ行きたくなったから」と言って、手慣れた手つきで、非常コックをあけてドアを開け、降りていきました。

おかげで社内の換気ができたはいいけど・・・暑い! 

ドアって、スルスルと手で動かせるもんなんですね。で、閉めた。うん、開かないな。安全確認。それで、ドアに体をあずけていた人が再びその体勢に。

しばらくして、また「降りたい」人が。ランドセルのお嬢さんとパパかな。

さっきのオジサンの要領で非常コックを操作し、ドアを開けてあげる。

「結構高さありますよ。お父さんが先におりて、あとからお嬢さんを」

お嬢さんを降ろすのをお手伝いする。

さて、閉めようか・・・と思ったところに、男子中学生?高校生?が降りようと。

手に持ってたスマホを鞄に突っ込み、

「先に自分だけ降りて、鞄はあとでもつといいよ」

と、言うも、返事もなにもせず(をいをい、シカトかよっ!)、先に鞄をぶん投げて(かばん傷つくやんっ!)、振り返ることもなく立ち去る。

あーのーなーっ!(怒)

いいんですよ、ドア開けるのは。換気にもなるしね。みなさん都合あるでしょうし、「緊急事態」が近くてパニクってるのもわかる。

だけどなー! あんたらが降りていったあと、ドア閉めるのは、車内に残ってる人の手を煩わせるわけよ。せめて、会釈くらいしていけば?

それをやったのは、お嬢さんづれのパパさんだけだった。

もやもや・・・

そして予定通り?1時間後に電車は動きだしたのだった。Twitter情報によると、なんだかボケたおじいさんが線路内侵入したらしい。電車と接触したのではないようで。

いや・・・車内アナウンスでは、「救護と捜索活動中」とか言われてたもので・・・結構おそましいものを想像したのだけれど、人の命が失われてなくてなにより。しかし、はた迷惑なおじいさんだこと!

学ぼう

やっぱり、この1時間、吸われているかどうかは大きかった。基本、電車では座るようにしよう・・・。座ること優先で、各停に乗ろう。

ふと考えた。

そうだ・・・1年前は、都心に用事があって出るとき、好んで各停に乗っていた。電車が空いているから。密を避けるために。

それが、今や、ご新規様3000人のご時世だというのに、私自身が準特急なんかに乗っちゃってるのは、なんとなく、以前のような警戒感が薄れてしまっているからなのか。

仕事でもないので、特段急ぐ必要もなく。

ちょっと、生活総点検。

・・・その前に、今日1日で何とかするミッション、やり遂げねば。(詰んでる)