ヘルシオ 3代目

根っからのシャープ党です

結婚するときに家電一式そろえるじゃないですか? 関西人なもので、やはり定番はパナソニック製です。だけど・・・目のつけどころがシャープなメーカーがツボにささるわけですよ。なので、周囲の反対を押し切って、あれこれシャープ製を買いました。(ちな、エアコンはダイキン一択です)

洗濯機、穴ナシ槽以外に考えられませんでした。冷蔵庫、確か400リットル級ので一番スリムだったかと。そして、その流れで電子レンジも。ぶっちゃけレンジなんてのはどこのでも同じだろう?みたいな感覚でしたけれども。今となっては覚えていないけれども、何か他とは違うモノがあったに違いないのです。

初代: AX-X1

そして、洗濯機は二度買い替えたけれど(←やはり穴ナシ槽しか買えません)冷蔵庫も、電子レンジも10年超えても頑張っていた2008年の夏。

ついに昇天しまして。そして、急ぎ、買い替え機種を検討したところ、「来週、ヘルシオの新機種出ますよ~」と家電店で教えてもらったのが発端。当時はまだウォーターオーブンなんて出始めた頃で、「どうせレンチンしかしないんだし」と思ってはいたものの、受け取ったカタログを見ると、いや~ツボにささる、ささる。

1週間待って、当時の最新機種を近所の家電店で購入。

これね。AX-X1。とにかく、油分、塩分を落として調理できるのがよくて、肉も魚も基本的にヘルシオで加熱調理するようになりました。スイッチポン!であとは放置できるから自由に時間が使えるのも忙しいワーママには嬉しかったのでした。

2代目: AX-XP100

2015年の春に初代が昇天しました。ので、ふたたび近所の家電店でヘルシオを物色。この7年の間にすっかりヘルシオに慣れてしまったので、もう他に選択肢はないのです。いろいろ見較べたけれども、まぁ今までと同じクラスの買っとけばいいかな、ということで。こちら、AX-XP100R。先代のよりメニューがオートメニューが充実しています。付属のクックブックも、いろんなメニューが掲載されていて、楽しそう。

初代のときは、1回しか焼かなかったクロワッサンも、これを機に頑張って作ろうかしら?とかね、思ったわけですよ。

3代目: AX-XJ600

そして、7年後。本当に7年で壊れるんだな、ヘルシオ。

3日前、テレワークなムスメとお昼休みにランチを準備していた時。この日は近所にコンビニがオープンしたのでいろいろ買ってきたものを加熱していたのでした。

ななチキ、揚げ鳥をさっくりあたためたまではよかった。クラムチャウダダーをレンチンしたとき、パッケージが焦げて、でも中身の食品は冷たいまま、という事態に。こりゃあかんわね・・・。近所の家電店の長期保証も切れているし、メーカー修理を呼んで修理しても費用はそれなりにかかるし、第一修理に来てもらうまで1週間ほどかかる。その間ヘルシオのない生活は考えられない。

そこで3代目の検討開始。

しかし、ここでよく考えた。2代目の時代にはついに一度もパンを焼くことなんてなく、使う機能も、サックリあたため(買ってきた総菜なんかを温める。ベタベタが抜けてサックリ仕上がるのは嬉しい!)と、スチームあたため(シュウマイとかね)、焼き魚、焼き野菜、唐揚げ、ゆでたまご・・・くらいなもの。あとは、レンチンだけ。

結局、煮物などは(そもそも作る頻度少ないしw)鍋で煮こむ。トーストはトースター専用機がある。お湯はティファールで沸かす。

そこで、もう割り切ってしまった。

どうせ、私はパンなどもう焼かない。同時にたくさんのメニューを調理する必要性も感じられない。
ものは試しで、一度、おもいっきりダウングレードしてみたらどうかな?

ということで、今回はこちら(AX-XJ600)。初代、2代目が 12万円くらいのやつで、その時点での一番良い&大きいやつにしたのだけれど、今回、大きさだけは30Lを維持したものの、他はかなりバッサリ削った。それでも、私のよく使う、さっくりあたため、焼き魚、唐揚げには、これでも十分なんではないかな。

しかも、これは2年落ちモデルなので、Amazonで、なんと、4万円台。もうこれでいいや!

ポチった翌日午前中には届きました♪

意外な落とし穴が・・・

なんと、「ゆで卵」がオートメニューにないの。これ、地味にきついかも。

取説にも「レンジでゆで卵はNG」なことは、かなり目立つように書かれているので、メーカー側があえて簡易メニューからは外しているのかな。

しかし、ゆで卵を鍋にはりついてコロコロ転がすなんてやってらんない・・・。

手動でウォーターオーブン設定すれば作れるので、それをメモして、冷蔵庫に貼っとくとか(笑)

ま、何とか使いこなせそうではあります・・・。